生ひやむぎが最適!年配者に贈るおすすめのお中元のお返し お中元 | 津村製麺所|株式会社ツムラ

津村製麺所|株式会社ツムラ

ブログ

お中元

お中元

生ひやむぎが最適!年配者に贈るおすすめのお中元のお返し

2022.06.04

生ひやむぎが最適!年配者に贈るおすすめのお中元のお返し

年配の方にお中元をもらった際、何をお返しに渡すといいのかお悩みではありませんか?

近頃では、お中元を贈る文化もなくなってきているため、お中元を初めてもらったという方も多いそうです。

そんなお中元のお返し選びに悩んでいる方に、年配の方に喜ばれやすい商品を紹介していきます。

また、お返しを贈る際の注意点もあわせてご紹介させていただくので、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、アンケート結果からここで話す年配の定義は65歳以上の方に贈るつもりでいてください。

生ひやむぎが最適!年配者に贈るおすすめのお中元のお返し

年配の方にお中元返しを贈る3つの視点

年配の方にお中元返しを贈る3つの視点

年配の方にお中元のお返しを贈るとなると、同年代の方にプレゼントを贈る時とは違う視点を持って、選ばないといけません。その際に必要な3つの視点をご紹介します。

【視点①】量よりも質

年配の方に中元返しを贈る上で気を付けなくてはならない点は、「ご年配の方は良いものを知っている」ということです。

お中元のお返しにも、予算は存在します。量を重視してしまうと、その分質がおろそかになってしまうのは道理です。

そのため、ぜひ量ではなく質を優先して選ぶと喜ばれるでしょう。

年配の方はおいしいものに触れる機会が多く、老化によって量を受け付けなくなってくると、その分質を求めてしまうものです。

胃にやさしい食材・素材を使った料理を中心に食事をしている方もいらっしゃるため、質にこだわったお中元のお返しを贈る必要があります。

【視点②】季節を感じるもの

【視点②】季節を感じるもの

年配の方にお中元のお返しを贈る際、季節を感じるものを贈ると喜ばれるでしょう。

その年の冬に使うものを贈るよりも、今この夏に使えるものの方が忘れ去られる心配が薄いです。

その先々のことを考えて渡すよりも、「ひと時を楽しめる消耗品」であればあと腐れないですし、さらにすぐに使って感想を言ってくださることもあるでしょう。

特に、お中元とは「お世話になった方へ贈る夏のあいさつ」です。

夏らしい季節感があるものは風情もありますし、本来のお中元の意味合いとも合っているため、世間受けもばっちりですね。

【視点③】シンプルなもの

容器が美しく見ごたえがあるものは、とてもきれいで一見非常に喜ばれると思いますが、それが食べ物であったり、日用品だったりした場合は、非常に使い勝手が悪くなってしまいます。

置物であれば見た目の美しさは重要ですが、お中元のお返しとしては不適と言えるでしょう。

それであれば、使いやすく、開けやすく、親しみやすい品のほうが使い勝手がよく、気に入ってくれる可能性が高いです。

特に、65歳以上の方になると手先を思ったように動かせなくなってしまう方も多くなってくる年齢です。

使いやすさ・使い慣れたものを渡したほうが無難です。

年配者のお中元選びに困ったら「生ひやむぎ」

年配者のお中元選びに困ったら「生ひやむぎ」

いくら注意点やアドバイスがあっても、結局どれを贈ればいいんだろう…と悩みますよね。

そんな時に選びたい商品が「生ひやむぎ」。なぜ、生ひやむぎがいいのか以下に説明しましょう。

生ひやむぎが喜ばれる理由①珍しさ

年配の方は、舌が肥えている方が多く、さらに、ありきたりなものを贈ると「以前もらったことがある」お中元のお返しも多くなってくるでしょう。

突然ですが、今までお中元で「ひやむぎ」をもらったことはありますか?

実際、麺類はもらった方も多いとは思いますが、そうめんではなく「ひやむぎ」。さらに「生麺」をもらった経験は少ないでしょう。

かなり珍しいお返しになるはずです。

「生ひやむぎ」はただのひやむぎとは風味・食感が異なるため、乾麺に慣れている方にとってはまったく別の味や食感を味わうことができます。

ちなみに、「生ひやむぎ」を食べたことがない方向けに、乾麺と生麺の違いを別で紹介しています。

製麺所が教えるそうめんとひやむぎの違い!断然美味しいのは「生麺」』を参考にしてみてください。

生ひやむぎが喜ばれる理由②夏らしさ

さらに、「ひやむぎ」は「冷麦」とも表記され、俳句界では夏の季語として親しまれています。

現在、冬にも食べることが多くなっている冷や麦ですが、実は昔から「夏らしい食べ物」として有名です。

夏に「ひやむぎ」を食べたことがない方は、ぜひ夏のおすすめのレシピ「野菜たっぷり-だし野菜ぶっかけ-」をご覧ください。夏に食べたくなること間違いなしのレシピです!

生ひやむぎが喜ばれる理由③食べやすい

生ひやむぎが喜ばれる理由③食べやすい

ひやむぎの太さは、「そうめん<ひやむぎ<うどん」の位置にあり、そうめんよりも食べごたえがあるけれど、うどんよりも口に入れやすい中間的で食べやすいサイズ。

また、消化によく、胃に優しい食べ物です。

年配の方の場合、健康に気を使っている方も多いため、喜ばれる可能性が高いでしょう。

さらには、夏のキッチンは燃えるように暑く、料理したくない、、手軽なもので済ませたいと思ったことはないでしょうか。

室内でも熱中症になりやすいので、年配の方には特に気をつけて欲しいところ。なので、ひやむぎは調理が簡単な上、主婦にも喜ばれる食べ物なんですよ。

まだお中元返しに悩むなら「津村製麺所の生ひやむぎ」がおすすめ

まだお中元返しに悩むなら「津村製麺所の生ひやむぎ」がおすすめ

商品ページ:無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-

様々な視点で、「生ひやむぎ」をおすすめしてきましたが、それでも「ひやむぎなんて普段食べないしなあ」とお悩みの方に、津村製麺所の生ひやむぎをおすすめします。

津村製麵所の特徴

  • 四国/香川出身の初代から受け継がれたコシの強さ。
  • 北海道産・オホーツク産の小麦へのこだわり。
  • 品質にこだわった食材や製法。

年配者の方は舌が肥えている場合が多いです。そこで、食材・コシ・品質にこだわった「生ひやむぎ」は間違いのない商品です。

「今までのひやむぎの概念が覆された」
「こんなコシのあるひやむぎは初めて」
「津村さんのひやむぎだけは豪華な食事に変わる」

などなど、購入者からの声をいただいている、津村製麺所の生ひやむぎをぜひお中元のお返しにしてみてください!

まとめ

65歳以上の方からもらったお中元のお返しに迷ったら、ぜひ「津村製麺所の生ひやむぎ」を贈ってみてください。

年配の方にお中元のお返しを贈るうえで必要な視点は、①量より質②季節を感じるもの③シンプルなものです。できる限り、質が良く、季節感があり、使いやすいものが望ましいでしょう。

それでも、困ったら、珍しさ、夏らしさ、食べやすさに特化した「生ひやむぎ」から探してみるといいです。

そこでも悩むなら、食材・コシ・品質にこだわった「津村製麺所の生ひやむぎ」がおすすめです。

ご注文方法

ご注文方法