製麺所が教える「生ひやむぎアレンジレシピ」特集 お中元 | 津村製麺所|株式会社ツムラ

津村製麺所|株式会社ツムラ

ブログ

お中元

お中元

製麺所が教える「生ひやむぎアレンジレシピ」特集

2022.07.16

製麺所が教える「生ひやむぎアレンジレシピ」特集

「つけ麺しかひやむぎの食べ方を知らない…」という方、意外と多いのではないでしょうか?

今回は、ひやむぎに飽きてしまったり、つけ麺以外のバリエーションを増やしたいと思っている方へ、北見の創業昭和24年の老舗製麺所がひやむぎのアレンジレシピをご紹介しましょう。

津村製麺所では、『TUMUGU Labo』という、新たなメニュー・レシピ作りに励む場、製作した麺を食べられる生産者とお客様とのコミュニケーションの場も提供しています。

私たちが、日々改良を重ねてきたアレンジメニューで食卓を彩ってみてくださいね。

夏に食べたい!「野菜たっぷりぶっかけひやむぎ」

夏に食べたい!「野菜たっぷりぶっかけひやむぎ」

「野菜たっぷりぶっかけひやむぎ」 材料(2人前)

  • 生ひやむぎ(2人前)
  • 麺つゆ
  • なす(1個)
  • きゅうり(1/2本)
  • みょうが(2個)
  • 青じそ(5枚)
  • オクラ(6本)
  • 大根(適量)
  • めんつゆ 
  • 醤油(小さじ1/2〜1)
『野菜たっぷりぶっかけひやむぎ』レシピ
作り方①麺を茹でるための、たっぷりの水を沸かす。
作り方②オクラ以外の野菜(なす・きゅうり・みょうが・大根)は5mm角に切る。
作り方③青じそは細かく切り、水につけてアクを抜く。
作り方④オクラは塩もみをし水で洗い流し、麺を茹でる用のに沸かしたお湯で1分茹で、粗熱をとって5mmの輪切りにする。
作り方⑤オクラ以外の角切りにした野菜を水切りにし、切ったオクラを混ぜて、麵つゆ小さじ2杯と醤油で味付けする。
作り方⑥生ひやむぎは熱湯で2分半茹でて、冷水でもみ洗いし、器に盛り付ける。
作り方⑦残りのめんつゆを100mLの水で割って、かける。
作り方⑧切っただし野菜を適量かけて完成。
※だし野菜の他に、お好みで納豆や生玉子と合わせても美味しいです。※だし野菜は冷蔵庫で2日間保存できますが、味が落ちるため早めに食べきりましょう。

※上記で紹介したレシピは、無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎだし薫るオホーツク生ひやむぎの専用レシピとなります。

麺つゆと醤油で味を付けた野菜をかけて食べるひやむぎ「野菜たっぷりぶっかけひやむぎ」は、生ひやむぎを、麺つゆのみで食べていた方におすすめの美味しく簡単に栄養が摂れるレシピです。

ネバネバとしたオクラと、みょうがのツンっとした苦みがあるため、今まで食べていた生ひやむぎとはまるで別物!

だし野菜を冷蔵庫で保存可能なため作り置きができるため、子どもが遊びから帰ってきたタイミングで冷え冷えの美味しい生ひやむぎが食べられる!

夏休みの子どもたちにも忙しいお母さんにも嬉しい、変わり種ひやむぎです。

猛暑日はこれで決まり「アイストマト、凍り卵のせぶっかけ」

猛暑日はこれで決まり「アイストマト、凍り卵のせぶっかけ」

アイストマト、凍り卵のせぶっかけ 材料(2人前)

  • 生ひやむぎ(2人前) 
  • 麺つゆ 
  • ミニトマト10個程度 
  • 凍り卵(2個) 
  • 黒こしょう
『アイストマト、凍り卵のせぶっかけ』のレシピ
作り方①ミニトマトと卵は生のまま冷凍する。
作り方②凍ったミニトマトとめんつゆ小さじ1杯を、フードプロセッサーで攪拌する。
作り方③麺は熱湯で2分半茹でたら冷水にとり、しっかりともみ洗い。水気を切ってから器に盛り付ける。
作り方④凍った卵は水につけて剥いて、攪拌したトマトとともに麺に盛り付ける。
作り方⑤めんつゆを回しかける。(麺つゆが付属している場合は150mLの水で割る。)
作り方⑥黒こしょうをアクセントにかけて完成。

『アイストマト、凍り卵のせぶっかけ』は、凍ったままのミニトマトと卵を使うため、夏の暑苦しい日々に嬉しい冷たい生ひやむぎレシピです。

余りがちなミニトマトを冷凍保存して使えるから、食材を腐らずに調理できます。

夏バテでトマトくらいしか食べられない…」という方にもおすすめできる夏にピッタリの冷製料理!

味付けはほぼ麺つゆがしてくれるので、動きたくない日にも作りやすくてアイス感覚で食べられるアレンジです。

ガッツリ食べたい「ネバネバ野菜のスタミナひやむぎ」

ガッツリ食べたい「ネバネバ野菜のスタミナひやむぎ」

ネバネバ野菜のスタミナひやむぎ 材料(2人前)

  • 生ひやむぎ(2人前) 
  • 麺つゆ 
  • しらすorちりめんじゃこ50g 
  • モロヘイヤ100g 
  • オクラ4本 
  • 長いも100g 
  • 鰹節1袋(2g) 
  • 卵の黄身2個 
  • 塩適量
『ネバネバ野菜のスタミナひやむぎ』のレシピ
作り方①モロヘイヤの葉を茎から外してさっと茹で、冷や水にとってから水気を切って粗みじん切りにする。
作り方②オクラは塩揉みして流水で洗ってさっと茹で、冷水にとった後、2本はへたを切って輪切りにする。もう2本は、縦半分に切る。
作り方③長いもは皮むき、7~8mmの角切りにする。
作り方④めんつゆをめんつゆのパッケージに書かれた「ぶっかけ」の割合で、麺つゆを水で割る。
作り方⑤切った具材と鰹節を合わせておく。
作り方⑥生ひやむぎを分半茹でて、冷水でよく洗い、水気を切って器に盛る。
作り方⑦麺の上に切った具材と、しらすorちりめんじゃこを盛る。
作り方⑧卵黄の君と縦に切り分けたオクラを載せてめんつゆを回しかける。

『ネバネバ野菜のスタミナひやむぎ』は、ネバネバが大好きな方におすすめのアレンジレシピです。

生ひやむぎに飽きてしまった方は、麺が見えないほどの主張の激しい野菜たちを大量に入れて食べてみてください。

ちりめんじゃこやしらすの海鮮を感じながらも、卵黄が絡んだオクラや長いものネバネバでもう口の中は野菜一色!

そうめんよりも太く、うどんよりも太いひやむぎは、コシや歯ごたえを感じながらも麺の主張を抑えてネバネバを味わえるため、スタミナが不足する夏にぴったりのアレンジレシピです。

体が温まる「梅にゅうめん」

梅にゅうめん 材料(2人分)

  • 生ひやむぎ(2人前) 
  • 麺つゆ 
  • ポリ袋 
  • 鶏胸肉(160g) 
  • 下味用(塩…少々)
  • 酒…(小さじ2) 
  • 梅干(4個) 
  • 片栗粉(適量)
『梅にゅうめん』のレシピ
作り方①鶏胸肉を薄く削ぎ切りにして、ポリ袋に入れる。
作り方②薄切りにした鶏肉に塩と酒を揉み込む。
作り方③2個、梅干しをちぎって入れ混ぜ、片栗粉をまぶす。
作り方④麺つゆと、麺つゆのパッケージに書かれた適量の水を鍋に入れて沸かす。(麺つゆが付属している場合は麺つゆと水360mLを入れて沸かす。)
作り方⑤沸騰した水と麺つゆに③の鶏肉を入れ、火が通ったら火からおろす。
作り方⑥麺は沸騰したお湯で2分茹でて器に盛り付ける。
作り方⑦鶏肉をかけ、小葱、梅干しをあしらう。

『梅にゅうめん』は、ダシの香りが際立ち、梅の酸味がアクセントになったスルスルと食べてしまえる温か生ひやむぎアレンジレシピです。

少し冷えた日にピッタリな温かい麺に、下味がしっかりとしみ込んでふっくらした鶏肉が嬉しい麺料理は、冷房に当たりすぎた身体を芯から温めてくれます!

鶏肉にまぶした片栗粉が汁に溶け込み、とろみが付いているため、梅の酸味が生ひやむぎからも感じられるでしょう。

小葱のほかにも、おろしたショウガを加えると、温かさ倍増。夏のちょっと冷えた夜や、季節の変わり目に食べていただきたい生ひやむぎアレンジです。

斬新な食べ方「パスタ風ひやむぎ(オリーブオイル仕上げ)」

斬新な食べ方「パスタ風ひやむぎ(オリーブオイル仕上げ)」

パスタ風ひやむぎ(オリーブオイル仕上げ) 材料(2人分)

  • 生ひやむぎ(2人前) 
  • 麺つゆ(大さじ3) 
  • オリーブオイル(大さじ2) 
  • 唐辛子(適量) 
  • 小葱(適量)
『パスタ風ひやむぎ(オリーブオイル仕上げ)』のレシピ
作り方①つゆ大さじ1半杯と水100mLをフライパンに入れて、沸かす。
作り方②お湯を沸かし、麺を1分茹でて湯を切る。
作り方③火からおろした①に茹でた麺を入れて、オリーブオイルを入れて混ぜる。
作り方④③を再び火にかけ、麺つゆを吸わせながら加熱する。
作り方⑤小葱のみじん切り。お好みで切った唐辛子を加えて、器に盛れば完成。

生ひやむぎを和風でしか食べたことない方に、イタリア風の生ひやむぎアレンジレシピ『パスタ風ひやむぎ(オリーブオイル仕上げ)』をご紹介。

オリーブオイルと麺つゆで合わせたパスタ風のひやむぎは、麺つゆで煮物や炒め物を作ったことがない方におすすめです。食べたことがない方には、まったく別の食べ物に感じることでしょう。

和風の麺つゆで煮たり焼いたりした麺は、オリーブオイルとの相性が抜群です。オリーブオイルと麺つゆの味の想像ができない方は、ぜひ1度食べてみてください!

個包装された麺つゆを使用した場合麺つゆが余ってしまいます。8倍〜10倍に薄めてお吸い物やスープにすると美味しいですよ。

おすすめの生ひやむぎ「無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-

おすすめの生ひやむぎ「無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-」

津村製麺所で作られた『無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-』は自信をもって提供できるこだわりの一品です。

無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-』は、北海道オホーツク管内にある清里町産の「きたほなみ小麦」を100%使用。さらに、ミネラル豊富でコシの強い麺に必要不可欠な塩『46億年』を用いて麺を製造しています。

さらに、発酵学の第一人者である小泉武夫博士指導の元で完成した、日本初の『アゴ本枯節のめんつゆ』が組み合わさった、自信をもって提供できる津村製麵所オリジナルの生ひやむぎです。

小麦・塩・めんつゆ、すべてにこだわった『無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-』は、2015ミラノ国際博覧会に出品して以降、北のハイグレード食品に選ばれるなど、さまざまな反響を頂きました。

2015年ミラノ国際博覧会に出品。
2016年北のハイグレード食品+2016選定品。
2020/4/19STVの『1×8いこうよ!』でも紹介
20205/24HBCテレビ【美味ほっかいどう旬発見】で紹介

津村製麺所では、無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-のほかにも、2種類の生ひやむぎがあります。津村製麵所で作っているひやむぎについて知りたい方は、『TVや海外でも絶賛される津村製麺所3種類の「ひやむぎ」を紹介』をご参照ください。

さまざまな角度から美味しさが認められた『無敵の切麦-オホーツク生ひやむぎ-』は、お中元にもおすすめ!

ぜひ、美味しい生ひやむぎをお中元に贈ってみてください。

まとめ

北海道北見にある津村製麺所が、生ひやむぎのアレンジレシピを5つご紹介しました。

ぜひ、ご家庭で試してみてくださいね。

美味しい茹で方については、『【製麺所伝授】誰でも美味しくできるそうめん・ひやむぎの茹で方を紹介』でご紹介しているので参考にしてみてください。

津村製麵所の特徴

四国/香川出身の初代から受け継がれた伝統製法。

北海道産・オホーツク産の小麦へのこだわり。

ツルッとした喉越しで美味しさは格別。

ご注文方法